<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大道芸アート楽市ありがとうございました

今日は穏やかな日和で楽しく過ごせたこと出会えたことに感謝。
そして色々とお気にかけてくださる皆様にも。

ちょっと出展に間が空いてしまいさぼり過ぎだったところ喝が入りました。
来週は井の頭公園ずっと出て良い特別日なので天気がよければ出る所存でございます,,,

出展したらツイート、ブログするので確認して頂きたく,,,

今日は小さな花のアクセサリーをみてた10代位の子が縮緬ですか?
ときいてくれて最近初めて京都に行って縮緬を知って好きになったそうで、色々と説明しちゃいました。
あんな初々しい気持ちをもって挑んで行きたいな。
これからいろんな扉を開く人たちや先を行く人たちへも何かの提案や発見をしたい。図々しい野望。

d0182371_21112371.jpg

[PR]
by koodoboo | 2013-04-28 21:11 | イベント | Trackback | Comments(0)

アート楽市は今日と明日ですよ!!

毎度のことですが,当日のお知らせですみません、、、
今日と明日は高円寺北公園にてアート楽市に出ます。
72番でトイレの近くです。
ほんわかお天気になりそうかな。
駅周辺では大道芸もてんこ盛りもりですのでお時間たっぷりいらして頂けたらよろしいかと思います
どぞー
お待ちしてます!

d0182371_8212277.jpg

ファスナーがトリコロールになっててかわいーんですポーチ。
d0182371_8215652.jpg

和素材も使ってるのにネオンカラーな筒型ポーチです。
[PR]
by koodoboo | 2013-04-27 08:24 | イベント | Trackback | Comments(0)

ベーコン展

竹橋へベーコン展を観に行きました。
実は先日夜行ったけど,待ち合わせの友達がなかなか来れずにその日はあきらめて
リベンジしました。
で延長展示になっていた前庭にあるインドのアトリエムンバイ建物が気持ちよかったので
今日は撮るつもりマンマン。
d0182371_21112439.jpg

ああでもあの夕暮れ時の二階の気持ちよさは伝わないなーなんて思いつつ入り口に向かおうとしたらずっと佇んでいたおじいさんが
今からはいるの?チケットあげようか?
ってちらっと見せてくれる。
えええーーーー残念ーーー
て思って良いんか?
その前回の時に買っちゃってたんですよねー
なんでこんな時だけ。
しかもその人何枚かもってて,なんで????
だったらまたくるから頂戴とは言えませんでした。
朝から張り切って行ったので早めに行ったらおじさんに会えるかもですよ。

そして肝心の感想です,,,が
d0182371_2113182.jpg

判ってたんですが,平常展と工芸館のチケットもついてきて
まあ時間もあるし久しぶりに行ってみました。
ってか
新しくなってからは初めてだった近美。
良いんだけど,前がよかったナーッと常に思う私のサガは何故?
企画展の構成は大変よかったです。
反射による見えにくさとかも通路のような場所と広いところではみえかたがまた異なって。

そして困ったのは
もぎけんー
って叫んでからだが踊りだしたくなったこと。
ダダっぽいのにピカソじゃないにゅるりとしたぶれ?
ベーコンの思考をみているのではないだろうか。
いわゆる静物/スティルライフはもう朽ちてゆくのみ。
ベーコンは不死ではない今生きて動いてコミュニケートしている姿を捉えたく表現しようとしたのか?
どれかを観てて
不老不死という言葉が浮かんだのだが何だったか?
走ってる犬か?

ほらわからなくなる。

ただただそのついてくるチケットの所在無さってどうなのかな?
おまけでとっても有難いんだけど,
どうしても本展のあとに観るから色々と散漫になってしまうのは私だけかな。
でももしかしたら上野国博はあまり感じないかも?

何でんかんでん言ってるのは
おまけチケットは当日限りにしないで何らかの有効期限をつけたらどうなのかなあ、
って思い。
そうしたらまたミュージアムショップで何か買う気持ちでくるかもしれないし,
じっくり観に来たいっておもうかもしれないし。
堀端に面しているのに反対側の何とか御門から入ったこと無いんだよね。
とか思ってまたきてみようとか。

だめかなー

今年はあと
東京駅周辺4館企画チケット行けるかな?
[PR]
by koodoboo | 2013-04-23 21:42 | | Trackback | Comments(0)

森博嗣

いやー驚いたー
森博嗣のフラッタリンツライフ読了。
渋すぎる読後感。
各章引用がリンドバーグ夫人の海からの贈りものであることは判ってたし,だから選んだのだが最後の項に引用注で吉田健一翻訳とあり,知らなんだ。
恐らく20年くらい前に読んだ爽やかな印象があったのだが,それが吉田健一によるとは。
そして森博嗣の意図はどこなんだろう。ううう
似た装丁で茶人と剣豪を扱ってそうなのは後回しにしてこちらにしてみたが,なにやらのテーマがあるのかな。
ちょっと町田康を思わさせられたり。
しかしなんで戦闘機なのか。
続きはブログにしましょうかね。

とフェイスブックから続くのであるが,
大した内容にはならない気がしてきました。。。

というのも
なんだかパイロットたるもの歳もとらず死ぬことも無い人種て設定?
皆が皆でもないようで主人公も偶々そういった新人類だか改良型だか。。。
選ばれたら遺伝子操作されるとかって訳でもなさそうだし。
もしかしたらシリーズ途中で他で説明されてたりするのかもしれないけど,
なんだか。
パイロット=軍関係
仕方ない。
飛ぶこと≒銃撃手であることは避けられず取りも直さず国家を守ることと敵国に勝つこととは関係ない様子。
にしても結末では居場所こそ機中であると語る熱意はその不老不死人格なのだからこそパイロットという仕事を全う出来ると?
ここまでやったから引き上げたにもかかわらず再び病床の人になる描写において矛盾をにおわせているのか?
悩ましいぞ
[PR]
by koodoboo | 2013-04-22 00:12 | もろもろ | Trackback | Comments(0)

ワニつぎはぎマフラー

d0182371_1253345.jpg

わにわにマニアさんどうですか〜〜〜〜?

ちょいと長くて春っぽい柄になってましょうか。
稚児用晴れ着古布やらイタリアンレースやらリバティプリント使ってますよん

d0182371_12561237.jpg

ちなみにギザギザはミャオ族
自作三角クロッシェですー

井の頭公園アートマーケッツ出展は20日くらいからです。
よろしくおねがいします^^
[PR]
by koodoboo | 2013-04-07 12:58 | 空洞房 | Trackback | Comments(0)