<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

置き上げ体験 三河内焼き

BeniBLOG
青山の伊勢半でワークショップにいって参りました〜
知らなかったのですが、
長崎の平戸藩ゆかりの焼き物。みかわち焼というそうですが、
昨日は平戸洸祥団右ヱ門窯18代目という窯元に教わりながら四苦八苦、、、
11センチ程の小皿に水で溶いた粘度を筆で置いて盛ってゆきます。
「盛って〜もって〜」
伝統ある紅屋さんでのこれまた伝統の焼き物教室でデコモリとは!
シュールかつ楽しかったんですが、
終了後の疲労感ったらここしばらく無い体験でした。
すごく集中してたんだね。
実際使用されている紋様の下図や干支の柄を用意してくださってたんだけど、
図々しくもオリジナルで挑戦した我が柄を一目せんせい。おぉ。
実際そんなに大変じゃないデザインにしたつもりでした。
蜘蛛の巣と蜘蛛。
しかしッ胴体の盛り上げが、、、
干支の動物とかだと躯の部位をイメージして高低をつけてください、などとのアドバイスも
おらがの蜘蛛は実にぶつぶつ凸凹している、、、、
先生曰く、こうしたいんですか?
否否なっちゃったんですー
で先生実演してくださるとうーむむう
同じ筆を使ってるとは思えないお裁き。
さすがですねーって失礼な言葉が漏れます、、、

やはり、歴史と伝統の技は違います。
しかももったいぶる事無くフランクに接してくださる姿勢に明るい未来すらみえてきますね。

今回は今や一つとなってしまった、
紅の会社、伊勢半から三河内焼きへのオファーにより
紅の器をコラボしてその記念に開催されたなかなかレアな教室だそうで、
実際もうやらないかも、との事。

当地に行ってもやってないそうなので、本当に貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとー

焼き上がりは2ヶ月後だそうで8月。さて果てどんなものになってやってくるのかな〜
[PR]
by koodoboo | 2014-06-01 11:31 | | Trackback | Comments(0)