コンテンポ ラリー

今日と思いましたら昨日でした。
歳若なおともだち(?)ダンサーのsnsに喰いついてコンテンポラリーを

半世紀以上前に!ファインアートを学んでいたんですが、その時の同級生が後日アート系の図書館で働いた時にコンテンポラリーの定義って?
ってきいてきたのでした。20年くらい前かな?
その頃の現代美術史にも出てこない用語だったけれどもメディアではあがってて。
近現代とは違うのはわかっていて、その後の流れだと思うけど
今思えば当流、ということなれば表現としては 
やむにやまれず って感じなのかな。
カテゴライズ出来ませんね。

いつの時代にあっても表現を自分なりにしたい気持ちをどのようにするのか。
基本が無ければいけないのか。
伝統に則っていれば良いのか。
好きにやったらいけないのか。
基本から発展する出来るのか。

すべてのアートを網羅するとは言わないけど
とりあえずコンテンポラリーというジャンルはもしかしたら
今日の表現 ひいては自己実現と言えないだろうか。

私、空洞房としては
微妙に入らないスカート創りました。
d0182371_1352237.jpg

実は仁王立ちして泣いている1歳児を後ろから見守ってる?くろちゃんが良い感じです。
スカートのピンク部分はパパのポロシャツ
2、3段目のブルー系がママの妊婦服から創りました。


パパママリメイク大作戦
もよろしくお願いします!
d0182371_132742.jpg

[PR]
by koodoboo | 2015-05-22 01:41 |
<< ニヒル牛2洋品店 公募します! >>